企業の発展と個人のキャリアアップを支援する 株式会社エスペランス

転職する上では大事?!医師のキャリアプランの形成方法

長期的・短期的2つのビジョンを考える

医師は専門性が重視される職業なので、将来的にどんな医師になりたいのか、といった長期的なキャリアプランを持つことが必要です。
それには仕事的な要素だけでなく、生活や家族など自身が大切にするポイントも含めてどのようなスタイルで働いていくかを見極めていきましょう。

また、将来転職や開業をしたいのであれば、短期的なキャリアプランも考えておかなければなりません。
長期視点で今何ができるかを考え、能力や技術を踏まえた上でやりたい方向性を見つけてみても良いでしょう。
どんな医療施設なら長く働くことができるかも、キャリアプランに落とし込んでみてください。

医師業界のニーズや変化を取り入れる

日本の医療現場では、現在医師不足の問題を抱えています。
これに対し高齢化や医療改革などの動きがある中で、医師ニーズも変化していく傾向が見られるでしょう。
医師による経験を重ねていくことで、これまでのような好条件な転職ができなくなるかもしれません。
医師に多いキャリアパスが通用しなくなる可能性もあるので、医師の体制変化や診療科目の需要を想定しながらキャリアプランを作成していくようにしましょう。

現職に不満があったとしても、もしかしたら他の環境に比べたら最良な医療施設かもしれません。 その場合は、現職での交渉で環境改善させていくという選択肢を増やしましょう。

転職目的や条件は具体的に

転職を考える理由に最も多いのが「収入を上げたい」という内容です。
この場合は大学の医局から民間の医療施設に転職することで実現しやすくなります。

収入や勤務形態についての要望は、キャリアプランを作成していく中で比較的クリアになりやすいものです。
実際の転職先で希望通りになるかについては100%ではありませんが、目的や譲れない条件を明確にすることによって、自身の優先順位が整理しやすくなるでしょう。

キャリアプランを形にしていくことで情報不足や偏った見方を回避できるようになります。
キャリプランを形成していくことで、転職活動をスムーズかつ効率的に進めていくことができるでしょう。